世界に通用するお店づくりを

観光地には、日本全国はもとより世界中からいろいろな人たちがやってきます。言葉も文化も違う人たちがやってくるので、常識が違う人たちの対処法を確立しておかないと苦労をするかもしれません。

例えば飲食店なら、宗教的にタブーな食べ物を出さないように備えておく必要があるだけでなく、ある程度外国語のできるアルバイトを取り揃えておくことも重要になるはずです。こうした対策を講じていないお店は、今後観光地で長く生き残っていくことができないでしょう。今後はさらにたくさんの外国人が日本に訪れることがほぼ確実視されているため、できるだけ早く、完璧なオペレーションができるように対策を済ませておく必要があります。

政府が観光客の扱い方についての指針を出しているので、それを参考にした方が良いでしょう。観光協会や自治体のアドバイスは非常に有効に使えるはずです。遅れを取らないためにも、英語ができる人材を、今のうちに必要な人材要員は揃えておいた方がいいでしょう。しかし、実際に現代では多くの学生が若いうちから英語の勉強に触れているので、少し勉強会を開けばオーダーを取ったりする中で最低限のコミュニケーションは取ることができるはずです。

異文化についての理解は、ネットで調べるだけでもかなり違ってきます。今後は政府からも、具体的な宗教対策ガイドラインが示されるはずなので、そういったもので地道に勉強をしておくといいでしょう。先を見通して、どんな世界の人に対しても、失礼がないようなお店づくりの準備を進めていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です